振り返り・レビュー

8月の振り返り

8月の振り返り

8月は個人的に(主に剣術で)いろいろと行動できた月でした。

具体的には、

  • 支部の活動をやりやすくするために整備した
  • 新しい木剣や居合刀を買った
  • このブログを開始した

などですね。あとはいろいろと本も読みました。

8月にやったことを振り返ります。

川崎市のふれあいネットに団体登録した

8月は、二天一流剣術の東京支部の活動を、よりやりやすくするために、いろいろな面で整備しました。

まず、一番課題だった「場所」の問題を解決するために、今住んでいる川崎市でスポーツ団体として登録しました。

川崎市では、行政のスポーツ施設(体育館、武道場など)を使うためには、「個人登録」もしくは「団体登録」をする必要があります。個人登録というのは、川崎に在住もしくは在勤・在学していれば誰でもできると思うのですが、個人登録では場所を貸し切ることができません。

行政施設を貸し切るためには、団体登録する必要があるのです。

私は、二天一流剣術の稽古を武道場で行うため、当然貸し切るために団体登録が必要だと思っていましたが、これまで忙しく作業ができていませんでした。

しかし、8月は少し時間に余裕ができたので、すべての手続きを完了できました。

川崎市では、団体登録に「市外団体」「市内団体」があり、どちらで登録することもできます。

市外団体と市内団体には、以下の違いがあります。

  • 市内団体:団体のメンバーの半数以上が、川崎市の在住・在勤・在学者
  • 市外団体:団体のメンバーのうち、川崎市の在住・在勤・在学者が半数未満

このように条件が異なり、市内団体の方が予約・抽選において優先されます。

どこの自治体でもそうだと思いますが、スポーツ施設の抽選はかなり競争率が高いので、市外団体では抽選に当選する可能性は低く意味がありませんでした。

そのため、私は市内団体として登録しました。

この手続きが、全メンバーの身分証明書の写しやサインが必要だったり、直接区役所に行って手続きする必要があったりと、本業の片手間でやるにはなかなか大変でした。。

ですが、これからは抽選に参加でき、場所を貸し切ることができるため、より確実に稽古会を開くことができるようになりました。

師範を呼んでの稽古会開催を決定した

そもそも、川崎市に団体登録するきっかけになったのは、12月に二天一流剣術の師匠である宮田先生を東京にお呼びし、稽古会を開催するためでした。

東京ではここ1年ほど、私がメンバーを指導してきましたが、

  • 私がまだ指導者として未熟な部分がある
  • 私自身が、もっと修業者として成長したい

という理由から、二天一流剣術の継承者であり、当会(玄信会)の代表である宮田先生から、そろそろ直接指導してもらう機会を作りたいとずっと思っていたのです。

私は福岡で何年もほぼマンツーマンで指導を受けていましたが、ここ最近は指導してもらう機会を取れていなかったのです。

そのために、上記の場所の確定だけでなく、参加メンバーや先生への連絡・調整を行い、日程と場所を確定し、東京での第1回の稽古会の開催を確定できました。

見学者の参加・体験

8月は、二天一流剣術の稽古会に、はじめて見学者が来ました。

見学に来られた方は、Twitterから興味を持って来た方で、もう少し体験や検討をした上で入会するか決めたいとのことでした。

私は東京支部でも、もっと新規の参加者を増やしたいとは思っていましたが、ブログやTwitterでの発信以外に特に行動を起こしていたわけではありません。

まだまだやれることをやっていない現段階で、見学者が来たというのはちょっと嬉しかったです。

さらに、私の高校時代の友人と東京で再会したところ、その友人も興味があるからやってみたいと言い出しました。

そのため、9月はさっそく川崎の施設を借りて、その友人との稽古会を開催することにしました。

二人ともまだ入会するかは分かりませんが、少しずつでも認知を広げることができて良い流れだな〜と思っています。

新しい木剣・居合刀を買った

8月は、新しい木剣と居合刀を購入しました。

木剣は二天一流玄信会で使用している、熊本の源武堂さんという武道具店に発注しました。

http://www.genbudo.com/store.html

当会では、源武堂さんの木剣をこれまでもずっと使っていたのですが、最近HPを見たところすでに在庫がなく、発注から納品まで3ヶ月程度かかると書かれていました。

もし今後誰か入会者が出てきた場合、これでは入会しても木剣を使えるまで時間がかかってしまいます。

そのため、入会者が入り木剣が届くまでの臨時用として、予備の木剣を発注したのです。

居合刀については、

  • これまで使っていた居合刀が、父から借りたものだったため(自分で買ったことがなかった)
  • 真剣に近い重みのものが欲しかった

という理由から新調しました。普通の居合刀は、合金製のため800グラム程度しかありません(それでも素人には重いのですが)。

しかし、真剣の重さは1000〜1200グラムほどあります。

そのため、居合刀で訓練しても、真剣を使うとまた感覚が違うのです。

初心の段階では、まずは技を正確に創ることが目的であるため、軽い居合刀でも良いと思っていたのですが、私も二天一流剣術をはじめて9年目、支部長にもなったため、より真剣に近いものが欲しくなったのです。

そこで、二尺三寸五分の太刀と、一尺五寸の脇差しを、同じ拵えで、京都の武道具店である東山堂さんに発注しました。

https://tozando.net/

10月後半に納品されるようなのでとても楽しみです。

ブログの開始

8月には、このブログを開設して更新し始めました。

実はこれまでにも複数のブログを立ち上げてはやめてきた過去があります。

私は仕事上SEOに関わりがあります。

SEOというのは、サイトのページを検索結果に上位表示するための技術のことですが、なまじっかその知識があるために、SEOを意識しすぎてブログをはじめては、更新しにくくなっていたのです。

なぜなら、SEOではたくさんの人に求められる「お役立ち情報」が評価されやすいからです。

しかし、ブログでは自分独自の考えを書きたいと思っていました。

SEOと自分独自の考えを両立しようとすると、更新のハードルが上がり、結局やめてしまうというスパイラルを続けてしまっていたのです。

そこで、今回はSEOはいったん無視して、とにかく自分の考えをストックしていくためにブログをはじめました。そのため、1ヶ月たった今でもある程度更新することができています。

そのために、たくさんの人のブログを参考にもしました。

今後はアクセスアップのためにSEO向けの記事も書かないとは限りませんが、当分はこのスタンスで続けていきたいと思います。

8月に読んだ本

8月はいつも通り、仕事や剣術、自分の興味に関して本もいくつか読みました。簡単に紹介します。

[amazon asin=”4582610048″ kw=”日本武道と東洋思想”]

『日本武道と東洋思想』・・・武道概念や武士道概念の発生、変化が詳しく書かれていて、とても勉強になりました。このテーマについては、別記事に詳しくまとめたいと思います。

[amazon asin=”4022515473″ kw=”Webプロジェクトを成功に導く 戦略的SEO思考”]

『戦略的SEO思考』・・・主にWebディレクターなど向けに書かれたSEOの本です。内容はわりと基本的なことですが、ポイントがまとまっていて自分の知識を整理することができました。初心者にはおすすめです。

[amazon asin=”4798155438″ kw=”デジタル時代の基礎知識『ブランディング』 「顧客体験」で差がつく時代の新しいルール(MarkeZine BOOKS)”]

『デジタル時代の基礎知識ーブランディング』・・・別記事で紹介しましたが、ブランディングの基礎知識がまとまっていてとても読みやすかったです。専門家ではないが、ブランディングを知りたい、活用したいという人にとてもおすすめです。

[amazon asin=”4798049247″ kw=”Webコピーライティングの新常識 ザ・マイクロコピー”]

『ザ・マイクロコピー』・・・これも別記事で紹介しましたが、Webサイトでマイクロコピーを改善することで、CVを上げる施策について具体的に多数紹介されていて、仕事上活用していきたいと思いました。こういった知識は本である程度学んだら、あとはひたすら実践して血肉にするしかないですね。

[amazon asin=”4478104522″ kw=”世界のなかで自分の役割を見つけること――最高のアートを描くための仕事の流儀”]

『世界のなかで自分の役割を見つけること』・・・版画家の小松美羽さんの書いた本です。独特の考えをもって芸術に向き合う姿勢に感動しました。小松さんの作った実際の作品を、ぜひ見に行きたいです。

[amazon asin=”B0085RMG52″ kw=”ザ・コーチ”]

『ザ・コーチ』・・・コーチングや目標達成の方法について、もっと詳しく学びたいと思って読みました。物語形式でポイントがまとまっていて、とても読みやすかったです。自分のレベルにはちょうど良く、活用しやすい内容でした。

これからの課題

以上が8月の振り返りです。

今後の課題というか、これからやるべきこととして浮かび上がってきたこともありました。

剣術の環境整備(定期的な稽古ができるように)

これから支部を発展させていくためには、決まった日、決まった場所で稽古会を継続できるように環境整備する必要があります。

抽選によって当たったり外れたり、場所が変更にせざるを得なくなる現状では、まだ十分ではありません。

そのため、これからは継続的に利用できる場所を探すために行動を起こしていく必要があるのです。

そのためのタスクも洗い出しているので、できることからはじめて、種をまいていこうと思います。

自分の練習

私は自分の剣術の鍛練のために、夜の神社で一人稽古を行っていますが、師匠である宮田先生にしばらくの間技を見てもらっていません。

そこで、12月の稽古会の前に福岡に帰り、一度しっかり個人的に技を見てもらいたいです。そのための行動は9月に行います。

仕事の勉強や種まき

フリーランスである以上、自分の仕事は自分でつくっていかなければなりません。

今は幸い恵まれた環境で、安定的に仕事ができていますが、この状況が永遠に続くとは限りません。

そのため、これから何十年も安定的に稼ぎ続けられるように、もっと仕事に関して勉強をしたり、いろんな人に会ってみたりする必要があるな〜と思っています。

9月はそのための行動や準備をやっていきたいです。

ABOUT ME
FT
福岡出身。学問と古武道。