フリーランスの働き方

フリーランスの単調な生活の問題点

フリーランスの働き方

フリーランスの生活が単調になっていく問題の悪影響と8つの対処法

2021/7/21  

「フリーランスとして働きだしてから生活が単調」 「忙しくて新しいことに挑戦できない」 という方は少なくないのではないでしょうか?私も独立して働きだして5年目、副業時代から含めれば8年目ですが、やはりよ ...

フリーランスの発信

フリーランスの働き方

フリーランスは自分を盛らずに等身大で発信することが大事

2021/7/19  

私は副業で仕事を始めてから8年目、会社員を辞めて独立してから5年目のフリーランスです。 このフリーランス生活の中で、仕事に繋げるためにブログを中心に自分のことを発信することが多いのですが、ネット上で同 ...

フリーランスの働き方

岩井克人『会社はこれからどうなるのか』の要約・感想(後半)

2021/6/24  

岩井克人の『会社はこれからどうなるのか』について、前回、前半をまとめた。 この本は、会社の存在や日本の会社、資本主義、労働者のことについてなど、広範な内容を独自の視点から整理しているもので、非常に分か ...

フリーランスの働き方

岩井克人『会社はこれからどうなるのか』の要約・感想(前半)

2021/6/24  

岩井克人『会社はこれからどうなるのか』を読んだ。 この本の単行本版が書かれたのは2003年2月と今から16年も前で、現在の直近の経済まで抑えられた内容ではない。しかし、会社の構造についてや、大まかな現 ...

フリーランスの働き方

松岡真宏『持たざる経営の虚実 日本企業の存亡を分ける正しい外部化・内部化とは?』の要約・感想

2021/6/24  

『持たざる経営の虚実』という本を読んだ。 この本は、バブル崩壊後の日本企業が持つ「持たざる経営」「選択と集中」の傾向について、それではこれからの時代稼ぎ続けることはできないよ、とその理由や具体的な考え ...

フリーランスの働き方

築山節『「疲れない脳」のつくり方』の要約・感想

2021/6/24  

フリーランスなので在宅で仕事をしており、どうしても仕事と仕事外の時間との区別をつけにくい。そのため、これまでいろいろと自分で調べたり工夫したりしてきたが、以前読んだこの本は、すぐに実践できるような内容 ...

芸術起業論を読んで

フリーランスの働き方 未分類

【要約】『芸術起業論』は自分の才能で食べていきたい人の必読書ではないか

2021/6/26    

昨日、偶然行った武蔵小杉の本屋さんで、村上隆氏の『芸術起業論』を見つけました。 以前から村上隆氏の存在は知っていましたし、本のことも知っていましたが、特に読もうと思うほどの気持ちはありませんでした。 ...

フリーランスの働き方

マルチディスプレイは本当に効率UPするのか?集中力欠如との戦い

2018/10/30    ,

私は、一人暮らしをはじめてからずっとマルチディスプレイで作業してきました。 それは、仕事上広い画面があった方が作業しいやすいことが多かったからです。 Word、Excelを開きつつ、同時にブラウザで多 ...

社会人のメンター

フリーランスの働き方

3年かかっても良い師を探せ!社会人になったらどうやって師を探すか

2018/12/22    

武道や芸道の世界では「3年かかっても良い師を探せ」と言われます。 私も、10代のころに空手を始めるときに、父親から何度も言われた経験があります。 なぜ良い師を探すべきなのかというと、悪い師に当たってし ...

フリーランスの働き方

仕事の前倒しをやめて"Want to"にフォーカスしていく働き方

2018/12/22    

仕事ができる人は、仕事を前倒しして片付けていく人だと、よく耳にすることがあります。 しかし、それは限られた条件のもと成立することであり、フリーランスで働く人、自分で事業をやっていきたい人などにとっては ...

© 2021 フカメモ