振り返り・レビュー

2018年、やってよかったことベスト5

2018年やってよかったことベスト5

前回の記事から今年の振り返り的なことをやっていますが、今度は今年やってよかったことを振り返りたいと思います。

今年は自分なりにいろいろな新しいことができたし、その結果いろいろな良いことや新しい出会いがありました。はじめた挑戦はこれからも続けて結果を出していきたいですが、その途上である今の時点でも、すでにいろいろなことが起こっています。

今年やってよかったことのベスト5は以下の通りです。

  • 琉球古武道
  • コーチングの勉強
  • ブログの継続
  • 剣術の情報発信
  • 習慣や行動管理の徹底

他にも私生活では結婚や家事の効率化のこと、読書や剣術でのイベントなど様々なことがありましたが、ここで取り上げるのはちょっと違う気がしたので上記の5つを紹介します。

5位:琉球古武道

私は12月から琉球古武道をはじめました。

一般的にほとんど知られていないと思いますが、琉球古武道というのは沖縄に古来から伝わる古武道のことで「棒」「ヌンチャク」「サイ」「鉄甲」「トンファー」「鎌」「櫂」「ティンペー」など様々な武器を使うものです。琉球古武道はピンとこなくても、ブルースリーがヌンチャクを振り回している所は見たことがある方も多いのではないでしょうか(あれは演出上の技なので派手ですね)。

昔の沖縄の武士たちは、素手では空手、武器は琉球古武道を修業していたそうです。おそらく、昔の武士達は「琉球古武道」などとは言っておらず、単に古武道もしくは「棒術」「ヌンチャク」などと言っていたのではないかと思います。

空手の方は有名ですが、空手と合わせて琉球古武道を指導している道場も一部にあり、私が入会したのもその一つです。

実は以前から琉球古武道には興味があったのですが、稽古に当てられる時間を捻出するために準備期間が必要だったので、結局12月になってようやくはじめることができました。

ずっと興味があったことなのでとても楽しいですし、身体に剣術とは異なる動きをさせることで新しい刺激を与えられている実感があり、剣術の方にとっても上達のきっかけが得られる気がしています。

4位:コーチングを受ける&コーチングの勉強

秋頃からコーチングのセッションを受けるようになり、そこから興味が出たことから自分自身がコーチになる側の勉強をはじめました。銀座コーチングスクール(GSC)に通っています。

コーチングを受け始めたのは、剣術を中心とした好きなことをやりながら生きていくために、どういうふうに仕事をしていくべきか、自分の強みをつくっていくべきか、などをもっと深く考えたかったからです。

そのため、毎月ある程度のお金がかかってしまいますが、自己投資の一つとしてプロのコーチにセッションをお願いするようになったのです。

実際、受けてみると素晴らしい効果がありました。以下のようなことです。

  • 毎回明らかに自己理解が深まっている
    私はもともと内省的な性格ですが、コーチから絶妙なタイミングで問いを投げかけられ、真剣に考え続けることで、一人で考えるよりもさらに深く考えられるようになりました。
  • 自分の価値観や人生の目的がクリアになった
    コーチがワークをしてくれることで、自分の人生の方向性が見えてきました。木行やゴールは決めなくても、方向性が決まっていれば歩み進めることができます。
    価値観や目的をクリアにすることで、行動に迷いがなくなった気がします。
  •  心の中で使う言葉、問いが変わった
    これが最も大きなものですが、コーチングでは「Why?」よりも「What」「How」などを使います。それは「なぜ?」と原因を掘りさげるよりも「何が必要?」「どうしたらできる?」と考えた方が、考えを前に進めることができ、気持ちも前向きになるからです。
    コーチングではこうした問いを何度ももらい、それに真剣に答えることで、コーチからもらった問いが頭の中にこびりつくようになります。一人で考えている時も、考えがコーチング的になっていくのです。

こうした効果があったこと、また自分の人生の目的を考えた時に、コーチングが一つの手段として非常に有効なのではないかと考えて、銀座コーチングスクール(GCS)で学びはじめました。

コーチングの勉強はまだ途中ですが、自分のためにも使えるし、コミュニケーション全般が改善されます。

私としては少なくとも、

  • 人との繋がりを作る手段として役立つ
  • 自分の考えが変わることで、成長・目標達成のスピードが上がる
  • 前向きになる
  • 自己開示できるようになる

などの効果が出ている実感があります。

これからもコーチングの勉強は続けていくので、今後身につけられたことを記録していこうと思います。

3位:ブログの継続

ブログを続いていることも、私にとってやってよかった行動でした。

私は元々文章を書くのは嫌いではないですし、仕事でもWebメディアの運営・SEO等をやっているので、ブログは向いていると思っていました。

しかし、メディア運営・SEOの考えが強すぎて、「SEOに強いブログにしなければ」「アクセス数を稼げるブログにしなければ」と意気込んでいた部分がありました。それゆえ、まるでブログを続けることも仕事のように感じてしまい、結局続かなかったのです。

しかし、今年に入って、別にブログはSEOに強くなくてもアクセス数がなくてもやる意味がある、徹底的に自分のために書くという姿勢もある、と考え方に転換させることができました。

そのため、SEOは無視し人に読まれることもとりあえず考えず、自分の頭の整理や成長のために書くようにしました。その結果、8月から5ヶ月程度、合計50記事以上も続けることができました(過去最長)。

問題は「それで意味があったのか?」ですね。

実際、ブログで記事を書いていくことで、たとえ内容自体はしょうもなくても、頭の整理になり、自分の本音がわかり、行動と思考のギャップが分かります。一言でいえば、ブログを書くことで新しい行動をはじめることが増えました。

ブログを収益の手段としてではなく、ブログを通じて人との関わりを作って行きたいと思うので、これからもコツコツ続けていきたいと思います。

2位:剣術の情報発信

今年は、剣術の情報発信も少しずつはじめました。やったのは、

一番直接的な効果があったのは、支部のブログです。支部のブログを作ってからは何人もの人から問い合わせがあり、数人は見学や体験に来て、うち一人は入会が決まりました。また、別の場所にある愛好会への問い合わせもあり、そこでもまずは体験入会する形になったようです。

本当にたまにしか更新していないので、これでもこれほど効果があるものかと感動しました。

また、Instagramは9月末ごろから毎日更新しているのですが、この2ヶ月半くらいでフォロワーは2000人まで増えました。InstagramでもDMで問い合わせが来ることもあります。外国人が多いため、残念ながら見学などは難しいことが多いですが、、

Twitterはまだ試行錯誤しているところですが、直接会う人から「剣術ってあういう感じなんですね」などと言って頂くことが増え、私に剣術のイメージがつくようになってきたかなと思います。

このように様々な効果があったので、これからも継続していきたいと思います。

1位:習慣や行動・時間管理の徹底

2018年は、習慣作り・管理や時間・タスク管理を徹底するようになりました。

きっかけとしては、

  • 原田隆史さんのメソッドを実践し始めたこと(5月頃〜)
  • 『鬼速PDCA』を実践しはじめたこと(9月頃〜)
  • 「Task Chute Cloud」を使い始めたこと(9月頃〜)

などがありました。

私はもともと時間・タスク管理を工夫して効率化したり、新しい習慣を作って継続したりすることは得意で10代のころ大学生になる前からいろいろなことを試みていました。

しかし、そのほとんどは自分で工夫したもので、体系化されたやり方ではなかったです。

そのため「もっと改善できるのでは?」と思って工夫しても、無理なやり方をしてしまって上手くいかず、元のやり方に戻したり続かなかったり、、ということも多かったです。

そんな中、今年はたまたまいろいろなブログや本から、習慣、時間、タスクに関する知識を吸収することが多かったです。そこで、これまでのやり方をより強化して実践できました。その結果、

  • 仕事、家事、練習などを効率化でき、1日の中でできることを大幅に増やせた
  • 何となく過ごす時間が少なくなり、毎日充実して過ごすことができるようになった
  • 成長のための時間(練習やブログ、習い事など)をほぼ確実に確保できるようになり、自分を成長させることができた
  • 時間に余裕ができて、心の余裕ができた
  • 練習や新しいスキルの勉強などについて、時間あたりの質を高めることができた(集中力を高められた)
  • 新しくはじめたことで、新しい人との出会いがたくさんあった

などなどいろいろな良い結果がありました。

習慣、時間・タスク管理などもともとやっていたことでも、さらに見直して改善することで、より大きな変化が作れるのだな〜と改めて思いました。

2019年はさらに自分の行動を見直して、より成長できるようにしていきたいです。

番外編:オンラインコミュニティへの入会

さらに、年末にはじめた行動なのでまだ目に見える結果は出ていませんが、オンラインコミュニティに入ったことは、今後の行動に良い影響を与えるのではないかと感じています。

私のブログでも何度か書いた、j.Matsuzakiさんが主催するオンラインコミュニティ「ライフエンジン」です。ライフエンジンは現在200人以上?が加入しているコミュニティで、コミュニティ内の活動も非常に活発なようです。

特に自分の行動を変えよう、新しい挑戦をしようとしている人が多いので刺激になります。

とは言えまだほとんどROMってるだけなので、これも時間に余裕を作って活動に参画していきたいな〜と思ってます。

まとめ

2018年は、特に後半に入ってからいろいろな新しい挑戦ができたな、と思ってます。

特に剣術支部運営のように、以前から少しずつ準備をして種をまいてきたこと(発信など)で良い結果が出るようになったのは嬉しいです。2019年も、少しずつ種をまき、うまくったものに注力していくスタイルで仕事、武道、その他もろもろを楽しんでいきたいです。

ABOUT ME
FT
福岡出身。学問と古武道。