コーチング体験談

当たり前すぎて忘れていた自分の”本当の目標”は○○だったこと

本当にやりたいことがコーチングで分かった

私は、自分の一番の目標を、二天一流を発展させていくことだと思っていました。

発展というのは、少しでも流祖宮本武蔵に近づきたい、技や精神を継承していきたいと思う会員が、一人でも増えるということです。

しかし、コーチングを受けた後に考え続けていたところ、これは本当の私の望みではないな、と思うようになりました。

コーチングで気付いた本当の気持ち

確かに二天一流を発展させることは本当にやりたいことですが、その根幹にはもっと純粋な私の思いがあります。それは、10代のころから変わってない「強くなりたい」という思いです。

正確には、自分の人生をかけて少しでもレベルの高い技、精神を身につけたいということです。

私の場合は、純粋に戦って人より強くなりたいというよりも、少しでも高い技術を身につけ、すごい動き、これまでできなかった動きができるようになりたいということ。これが、私の本当の純粋な気持ちです。

考えてみれば、この気持ちがあったからこそ、十代の頃に武道にはまり、いろいろな武道書を読んでいたのであり、そのおかげで二天一流にも出会えていたのです。

この根底にある気持ちがあるからこそ、私は二天一流を続けてきているのです。

そして、続ける中で新たに生まれたのが二天一流の、組織としての発展ということでした。

自分の本当にやりたいこととどう向き合うか

おそらく武道家、武術家の多くは「一日中武道だけやっていたい」と思っていると思いますが、実際にはそうはいきません。

仕事や家庭と両立しつつ、自分にできる範囲での努力を継続していくことになります。

そのため、武道、武術の先生には公務員、学校の先生、自営業などの安定した仕事や、自分の時間を作りやすい仕事についている人が多いと感じます。

私の場合は自営業ですが、まだまだ自分の仕事で何十年も稼いでいけると確信が持てるほどの自信はありませんし、そもそもこれからの時代に、何十年も稼ぎ続けられる事業はないと思います。

そのため、自分の実力の向上、二天一流の発展、仕事というそれぞれを両立できるような人生プランを考え、実行に移していく必要があるのです。

さらに、実はここ数ヶ月、ずっと考えている新たに挑戦したいことも出てきました。まだ確実に実行すると決めているわけではないのですが、何とかして数年以内に実行したいと思っている挑戦です。

自分の働き方、新しい挑戦、それぞれを着実に達成できるように自分の生活や仕事を考え直していく。そんな作業がこれから必要になりそうです。

ABOUT ME
FT
福岡出身。学問と古武道。