生きづらさの理由

ニューロダイバーシティの教科書

発達障害

『ニューロダイバーシティの教科書』(金子書房)の要約・感想

2022/2/15  

『ニューロダイバーシティの教科書』(金子書房)を読みました。 最近、仕事で発達障害に関する本を多く読んでいたのですが、もう少し踏み込んだことを知りたくなり検索していたところ、脳神経の多様性をあらわす「 ...

うつと発達障害について

発達障害

『うつと発達障害』(青春出版社)の要約・感想

2022/2/15  

岩波明『うつと発達障害』(青春出版社)を読みました。 発達障害の人が社会に出ると、二次障害としてうつ病などの精神疾患を発症することが多いということを耳にしたことがありましたが、まさにそういうテーマです ...

『発達障害の子どもたち』について

発達障害

『発達障害の子どもたち』(講談社現代新書)の要約・感想

2022/2/15  

杉山登志郎『発達障害の子どもたち』(講談社現代新書)を読みました。 発達障害系の新書は多くありますので、被る部分も多いですが、子どもの特性、発育に特化した内容も多く読む価値は高いと思います。特に子育て ...

アスペルガー症候群とは

発達障害

『アスペルガー症候群』(幻冬舎新書)の要約・感想

2022/2/15  

仕事関係の情報収集のため、岡田尊司『アスペルガー症候群』(幻冬舎新書)を読みました。 アスペルガー症候群は、いわゆる「アスペ」と揶揄するように使われたり、小説や映画の中でも特異なキャラクターとしてアス ...

「毒親」の正体の要約、感想

家族・親子の問題

『「毒親」の正体―精神科医の診察室から―』(新潮新書)の要約・感想

2022/2/15  

『「毒親」の正体―精神科医の診察室から―』(新潮新書)を読みました。 「毒親」という言葉は、最近ネットでよく見ますが、ちょっと強い言葉であまりいい印象を持っておらず、この本もあえて読んでませんでした。 ...

発達障害の要約、感想

発達障害

『発達障害-生きづらさを抱える少数派の「種族」たち』(SB新書)の要約・感想

2022/2/15  

『発達障害-生きづらさを抱える少数派の「種族」たち』(SB新書)を読みました。 仕事で発達障害について調べることがあり、まとめて読んだ本のうちの1つです。発達障害の基本的な特徴が具体的に説明されている ...

発達障害のいまの要約・感想

発達障害

『発達障害のいま』(講談社現代新書)の要約・感想

2022/2/15  

『発達障害のいま』(講談社現代新書)は、発達障害の現状や主な症状、なぜ問題になっているかといった、基本的な内容を学ぶのにいい内容でした。入門書として、周りに発達障害の方がいるという方にも、当事者の方に ...

「認められたい」の正体の要約・感想

認められたい

『「認められたい」の正体』の要約・感想

2022/2/15  

『「認められたい」の正体』 (講談社現代新書) を読んだ。 現代社会では、おそらく世界的に「承認」を求めている人が増えているのではないだろうか。SNSやYouTubeを誰でも利用するようになり、そうい ...

『シェイム』の要約・感想

認められたい

『恥(シェイム)生きづらさの根っこにあるもの』の要約・感想

2022/2/15  

『恥(シェイム)』(アスク・ヒューマン・ケア)という本を読んだ。 この本は、「恥」という感情は一体何なのか、どう付き合っていけば良いのか、ということを非常に分かりやすく解説した本。 「恥」という感情は ...

認められたい

雨宮処凛、萱野稔人『「生きづらさ」について-貧困、アイデンティティ、ナショナリズム』の要約・感想

2022/2/15  

この本は2008年に出版されたものだが、2021年の現代でも「生きづらさ」を抱える人は減ってないように思う。個人的な感覚としては、多くの人が、いろいろな形で「生きづらさ」を感じつつも、この「生きづらさ ...

発達障害

宮口幸治『ケーキの切れない非行少年たち』の要約・感想

2022/2/15  

ケーキの切れない非行少年たち(新潮新書) created by Rinker Kindle Amazon 楽天市場 Yahooショッピング 『ケーキの切れない非行少年たち』の内容・要約 近年 ...

「自分のために生きていける」のレビュー

愛着障害

「やいりたいことが見つからない」のはインナーチャイルドの声を抑えているから

2022/2/15  

『「自分のために生きていける」ということー寂しくて、退屈な人たちへー』という本を読みました。 「自分のために生きていける」ということ (だいわ文庫) created by Rinker Am ...

© 2022 fukaya toshifumi